Skip to content

2016年もNOLTY 能率手帳ゴールド

例年、手帳は銀座Itoyaの手帳フェアで買うのですが、今年は開催しないようなので通販で手に入れてしまいました。

大きな不満がなければ、毎年同じ手帳を使い続けても構わないのですが、悩んで選ぶのが楽しくもあるので、今でも年末が近くなると手帳特集が組まれた雑誌を買っては眺めます。

Quo Vadis(クオバディス)やモレスキンなど、毎年のように手帳を変えていた時期もありましたが「能率手帳の流儀」の影響もあり、ここ数年は能率手帳ゴールドを使い続けています。そして、今回も「2016年版 NOLTY 能率手帳ゴールド」を選びました。

2016年版 NOLTY 能率手帳ゴールド

真新しい能率手帳ゴールドが手元へ届くたびに「去年と変わったところはないか」とページをめくります。2014年版では、年間予定表や鉄道路線図が追加されるなど大きな変更がなされましたが、2016年版には変わったところはないようです。

マンダラチャート,年間計画今までに何冊も手帳術の本を読んでは取り入れようとしましたが、やり過ぎると手帳を使うこと自体が目的になってしまうため、結局は我流に落ち着きます。とはいえ、中には自分にもしっくりくる使い方があり、部分的にやり続けていることもあります。

そのひとつが「マンダラ思考で夢は必ずかなう!」で読んだマンダラチャート形式の年間計画。マンダラチャートとは、3 x 3のマス目を使ってアイデアを連想し、思考を広げていく手法・フレームワークです。普段から年間計画が目に入るよう、チャートを自作して表紙の裏に貼りつけています。

この年間計画に限らず、年末にする新しい手帳の準備が今から楽しみです。

LINEで送る
Pocket

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。