Skip to content

影の色まで美しい北一硝子の灰皿

小樽のお土産といえば、きらびやかな北一硝子のガラス製品ですが、先日「文房具は置いて旅に出よう 〜 カシオペアに乗ってきました!」を書いてくれた友人が、この北一硝子の灰皿をお土産に買ってきてくれました。

金属製の枠に色違いのステンドグラスが収められていて、見る向きで表情が変わます。窓辺に置いておくと、陽を浴びて影が落ち、その色合いがとてもキレイです。

吸い殻を入れるのはもったいない感じもするので、小物入れにしようかと考えています。

北一硝子の灰皿

私も小樽の北一硝子へ行ったことがありますが、いまでもムードある店内へ入ったときに感じた柔らかな暖かさと、石油ランプの匂いを思い出します。

LINEで送る
Pocket

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。