Skip to content

スマホを手にするのが楽しくなる「栃木レザー製の iPhone 6s 用ケース」

先月、ガラスがヒビだらけになっていた iPhone 6 Plus を 6s に変えました。自分の不注意なのですが、これまでにも下を向いたときに胸ポケットから落とすなどして、何度かガラスを割っています。

いままでは、スマホをケースに入れない裸族でしたが、これもガラスを割る原因のひとつだと思い、iPhone 6s 向けのスマホケースを買うことにしました。

ガラスを守るのが目的とはいえ、見るからに安っぽかったりデザインが悪い物よりも、手にするのが楽しく、使い込むと味の出る革製ケースを考えましたが、やはり値も張ります。

スマホケースは、機種変してサイズが変わると買い換えになるため、あまり高価なものを買うには抵抗があります。とはいえ、安っぽいものは…と悩んでいるときに、革製としては安価でデザインも好みの「栃木レザー製 iPhone 6s 用ケース」を見つけました。

iPhone レザーケース

以前、レザークラフトに凝っていたので知っているのですが、栃木レザーというは、昔ながらの植物タンニンなめしを専門としたメーカーで、その品質は日本最高峰と言われいます。その栃木レザーを用いたスマホケースが 3,000 円を切っていたので「失敗してもこの値段なら」と買いました。

厚手の一枚革で作られているため、見るからに丈夫で、手にするとヌメ革ならではの吸い付くような感触が気持ち良いです。まだ新品なので全体的に固い感じはするものの、背の部分が薄くなっているため最初からスムーズに開閉できました。

そのうちに、全体が柔らかみを帯びて表面も飴色に変わるはずなので、経年変化が今から楽しみです。

iPhone レザーケース

スマホケースは、何かと手にする機会が多いので油分不足になるとは思えませんが、少しでも早くキレイな飴色になることを期待して、使い始める前に「ニートフットオイル」を塗り、少し日光浴させました。

ある程度使い込んで味が出てきたら、再び写真をアップしたいと思います。

LINEで送る
Pocket

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。